2019年10月29日(火)


昨晩は起きることもなく朝も比較的穏やかに目覚めた。

学校に行く際にもいつもほどぐずることなく母親と保健室登校。

少し時間がかかったが母親とも離れて、下校時刻までほぼ一人で過ごせた。

担任の先生と保健室で少し授業をしたり、クラスの授業を見に行ったりしたようだ。(教室には入れなかった)

給食は保健室の先生、友達数人と会議室で食べた。

下校後はプールだが、始めは「行かない」と言っていたが、「そんなに行かないなら一旦退会するか?」と言うと、それはイヤみたいで、それなら早めに行って「みんながいないうちからプールに入って端っこで泳ぐなら大丈夫」と言うことで、プールに入ることはできた。

学校もプールもそうだが、集団で授業を受けるということにはまだ大きな抵抗があるようだ。

時間と先生とグループに拘束される感覚が受け入れられないのだろうか?

保健室登校などができるようになってきているので気持ちが焦ってしまうが、この先はなんとかしてその壁を越えることが必要だと感じる。

夜は布団に入ってからタブレットPCで動画を観てから寝た。

<保健室の先生より>

空いている先生がいれば対応するので、なるべく保健室から出られるように、と学校側から保健室の先生に言われたとのこと。

確かに保健室にいる時間が長いと感じていたタイミングだし、先日の話し合いの結果からも学校側が対応してくれているように感じた。

カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です