2020年5月7日(木)


朝は普通に起きた。

朝食中に担任の先生から電話がきて、本人も少し話した。

先生からは子供の状況確認と次の登校日の内容の連絡だった。

昨晩は「母親の職場についていく」と言っていたが、天気も良くて、いくつかやることを提案したら、「送っていくだけ」ということになり、朝から母親を職場まで送った。

その後は少し勉強に取り組み、庭で遊んだ。

午後は田んぼの手伝いをした。

終日穏やかに過ごして、21時半にベッドに入った。

 

昨日からの約束だったので、昼過ぎに両親で学校に話しに行った。

担任と生徒指導の先生が対応してくれた。

最近の様子と昨年度後半からの状態が上向きではないことを話した。

先生方からは、

・ウチの娘だけ特別扱いするわけにないかない

・コロナでこんな状況だから仕方ない

などと言われたが、我々両親としては、もしコロナがなかったと仮定しても、新学年になってから決して良くなっていたとは思えない。

新学年新体制になったばかりで学校もバタバタしているのはわかるし、他人のせいにしても何も解決しないのだが、この状況を理解してくれる人がほとんどいないのが辛い。

カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です